2015年03月26日

滋養の素

英気を養う

春本番。短大通学課程最後の卒業生を送り出しました。
4月からはほとんどの授業が社会人学生対象に。そうなると達のことが
恋しいような、一抹の寂しさを感じます。人って勝手なものよねぇ。^^;

新たな春を迎え、膝の怪我と肩の不調もだいぶ軽くなってきたので、
インドアスポーツ を再開しました。
花粉舞い散る今日びですが、曇りがち&小雨の日を選んで山歩きもボチボチと。
山仲間がついてくれるおかげで、リハビリウォークも徐々にグッド(上向き矢印)レベル回復グッド(上向き矢印)かな?
友人宅を訪問してと戯れたり、気兼ねのない友と美味しい一時を過ごしたり、
心のエネルギーも一杯充満して、2015年度に備えます!
UMAつけめん.JPGつけめんat昭島 生ハム&レーズン.JPG CARNIVOR.JPG 生ハムat浜松町
posted by yoko at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・セルフケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

デイリー スイーツ

マイブーム

バレンタインのチョコ選びで試食しまくったせいか、口が甘いものを欲する
ようになってしまいました。
高級チョコは色々ありますが、今年1番のお気に入りは
 1501isawaonsen.JPG「たけのこの里」レーズンホワイト

先月、山梨出張の帰りに石和温泉駅キオスクで出会って以来はまっていて、
コンビニで小袋(37g)を見つければせっせと買う始末。
元来レーズンウィッチが大好物なのですが、ちょこっとつまめるミニ版は
大変手頃で、ささやかな幸せ ハートたち(複数ハート)
スーパー用大袋は見当たりませんが、この商品、消えないで欲しいなぁ。
posted by yoko at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み食い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

眩しい日曜日

鎌倉散策

2月に入り、寒気のなかにも早春の息吹きが感じられるころにとなりました。
膝の怪我から2か月半、そろそろアウトドアを再開しようと湘南へ赴きました。

明月院の入口 meigetuin.JPG turuokahatimanguu.JPG 鶴岡八幡宮の境内にて
北鎌倉で降りて歩いてみませんかるんるんのフレーズが頭の中をぐるぐるして
いるうちに、鶴岡八幡宮に到着。
1か月遅れとなりましたが、年初めのおみくじを引くと「大吉」手(チョキ)
「○病気:軽いけれども十分注意して下さい」とあったので、階段の下りで
まだ少々痛む膝に気を配りながら、道中歩きました。
江ノ電に乗って高徳院へ向かい、鎌倉大仏の中へ入った(¥20)後、
身体安全・健康の御守りを買いました。
仏様、今年1年守ってください。
enoden.JPG ryouen jizou.JPG 長谷寺の良縁地蔵
fukujusou 150201.JPG 福寿草 hake 150201.JPG はけ(黒光) mansaku 150201.JPG 万作
長谷寺では、花を愛で、湘南の海の碧さと竹藪の音色に心を洗われ、
すっかりハートたち(複数ハート)リフレッシュ!
ただ陽射しがやたら眩しく感じました。雪が降った後だからでしょうか。
最後に「江の島」を渡ったところで時間切れでした。

杉花粉が飛び始めているのでマスクをつけながらの散策となりましたが、
久々の外歩きで身体はいっぱい酸素を取り込んだみたい わーい(嬉しい顔) です。
帰りの電車では爆睡でした。
posted by yoko at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

香りは私の救世主

この季節に負けない!

我が家に、可愛くて頼もしい味方がやってきました。
風邪やインフルエンザや、そこまで来ている花粉症の予防に、嬉しいプレゼントでした。
   diffuser.JPG
早速、免疫力アップブレンドでお部屋に潤いをハートたち(複数ハート)
人のためばかりでなく、自分のためにもアロマテラピーを活用しなくちゃね。

2015年01月12日

天高く馬肥ゆる冬?なり

折角の3連休

3連休 いいお天気でしたね。
来週も再来週も土日が仕事なので、この3連休は数年ぶりのスキーか
雪山で初スノーシューを満喫する計画を密かに立てていました。
が、膝の状態はまだまだ普通に戻らず、あえ無く断念。
こうなると青空が恨めしいわぁぁぁ。
P1060903.JPG
取り寄せたばかりのマッターホルンのパンフレットを見て我慢することに。
そしたら、なんだか焦りとも苛立ちともいえない感情がグッド(上向き矢印)
いつになったらまともに歩けるようになって、山登りを再開できるのかしら。
スイスの光景は目に毒だったようで、ちょっとやけ食い状態になっちゃいました。がく〜(落胆した顔)
これでは膝の負担が増してしまいますね〜失恋 反省
posted by yoko at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・セルフケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

ハレなのにケ

静かなお正月

喪中&膝の療養中のせいか、曇天のせいか、今日はお正月気分もそこそこ。
「1年の計は元旦にあり」
一歩を踏み出すとしたら、どっちの方角へ行けばいいのだろう?
いつか、憧れの蝦夷富士に登ることはできるだろうか?
   youteizan.jpg
曲がり角の先は見通せないけれど、何かが変わる気がした。
posted by yoko at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

曲がり角

私の2014年

いよいよ今年最後の日となりました。
在宅看取りで終止符が打たれた介護生活、何とか終えた修士論文・学位取得、
加えて職場環境も変わって、総合的に自由な時間が増えた(はずの)2014年。
アルプス登山を復活し、英語も勉強し直すぞと意気込んだのも束の間、左の
肩の痛みに悩まされ、根本治療として取り組んだ歯の矯正&外科処置はkenkou.gif
結構苦痛だし、誕生日直後に講堂の階段を踏み外して骨挫傷してしまって、
冬休みはスキーどころかまともに歩くことさえできない。
そんな不甲斐無い1年でした。
末期の父を置いて初詣のお参りに行った高尾山薬王院「難転の実」、ご利益
なかったなぁ。まっ、これが老化現象というものなのかもね。ふらふら
2015年は立て直しを図り、人生後半の生き方を探そう。
自然な生理現象を受け入れつつ、自分なにり気持ち良く生きていける程度の
体力・気力を養ってゆきます。
喪中につき新年のご挨拶は遠慮させていただきますが、来年もどうぞよろしく
お願い致します。
posted by yoko at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

地面がない!?

キャンセルしまくり

土曜日、医大の講堂にありがちな急勾配の階段教室にお邪魔しました。
その急階段を、よそ見をしながら駆け降りた時、踏み外し事件勃発。
歩幅を間違え、2段下のステップに膝で着地!がく〜(落胆した顔)
手が塞がっていて、すぐ隣の机につかまることができなかったとはいえ、
我が反射神経はいずこに?もうやだ〜(悲しい顔)
左膝に大打撃(単なる打撲のようです)を受け、ただ今歩行困難中。
月曜(祭日)も授業だったので休まずこなしていますが、他の用事は
全てキャンセル。
こういう時に限って、予定がぎっしり詰まっているんだなぁ・・・。
週末も休みなく授業が続くハードな週、お願いexclamation早く治って。

posted by yoko at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・セルフケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

秋の味覚★満喫

ご馳走三昧

秋も深まりました。
先週末、紅葉狩りのつもりが初雪に見舞われましたが、水上温泉で
和食の美味しいものづくしをいただきました。
その一部をご紹介。やはり1番は松茸の土瓶蒸しかな

matutake dobinmushi.JPG matutake gohan.JPG
tanigawa kikizake.JPG 谷川岳の利き酒3種
posted by yoko at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み食い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

認知症国際会議

認知症と共に生きるお年寄りの心の内と
介護する側の一生懸命な気持ちに想いを馳せて


昨日、OECD「医療の質のレビュー」公表イベント(六本木アカデミー)を傍聴しました。
そこでは認知症国際会議が開かれていて、展示会場にて「ハート・リンク」さんから
認知症の資料を沢山いただきました。
マンガ「認知症のある人って、なぜ、よく怒られるんだろう?」(北川なつ作)に登場
する超高齢者の一挙一動に思わず涙がぽろぽろとこぼれ落ち、介護スタッフの気持ちや
取り組みにもまたまた涙しながら、一気通読しました。
認知症の人を思いやる心温まる話ばかりですが、認知症と向き合う生活の大変さが
リアルで、亡き母との在宅介護生活が目の前の現実のことのように思い出されました。
ベッドに入ったのは0時を回っていましたが、亡き母のことが偲ばれて、なかなか
寝付けませんでした。

葬儀等の形式的なことは何もしないでと書き残した母ですが、来月の一周忌には、
晩年の母が好んだ綺麗な色のお花を手向け、兄弟でしめやかに祈りを捧げたいと
思います。
posted by yoko at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする