2017年05月05日

北アルプス**はしご登頂

GWは雪山へ

今年のゴールデンウィーク前半は、雪山装備で北アルプスへ行ってきました。
1日、アプローチは雨・雷・雪の中でしたが、夜からお天気回復。
2日は、アイゼンがよく効いて快調に西穂独標へ、360℃の展望を楽しみました。
nisiho20170502.JPG

3日は、スキーヤーで賑わう乗鞍岳、ずぶずぶと沈む雪に足をとられながら登頂。
norikura_s.JPG 山頂へ向かう norikura sky.JPG光る空
雷鳥さんにも会えて、ラッキー
raityo-1.JPG raityo-2.JPG

今シーズンの雪山はこれでお終い。少し持ち慣れたピッケルともしばしお別れね。
norikura-2.JPG
山盛の洗濯物を片付けたら、連休後半は山積みのテスト(採点)と格闘で−す。
posted by yoko at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2017年の幕開け

ダイヤモンド富士

2016年大晦日と2017年元旦の朝は、本栖湖から竜ヶ岳に登りました。
絶景のダイヤモンド富士と迎える新年は輝かしく、陽の暖かさがありがたくて、
今年1年、皆様と健やかに過ごせるよう祈りました。
Mt.FUJI_yoake.JPG Mt.FUJI_2.JPG Mt.FUJI_3.JPG
お土産は噂の信玄もちプリンにしました。とっても美味しくて、お薦めです
singenmoti_1.JPG singenmoti_2.JPG

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by yoko at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

憧れの薪ストーブ

こんな暮らしがしてみたい

あれよあれよという間に時は流れ、今年も残りわずか。
毎年1つは何かに取り組もうと決めてから10年が経ちました。
but,今年は「これっ」というほどのチャレンジをせずに終わりそうな気配・・・。

今後に向けて北杜市通いをし、新鮮野菜への親しみはぐんと増しましたが、
有機栽培や自然農法については垣間見た程度でした。
そして、薪ストーブのおうちに住む夢を見ながらの家巡り。stove.JPG
stove_fire.JPG一夜限りの火遊びも!
ゆらゆらと揺れる炎、それも思い出として消えてしまうのかもしれませんね〜。

先のことはなかなか決まりませんが、来年は土に返る道をもう一歩進めたいと
思っています。
posted by yoko at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

南アルプス天然水と甲州ワイン

秋雨のなか

飛び石連休は“秋の南アルプス”登山の予定で、山梨へ車を走らせました(助手席専門)。
しかし、木曜の未明にはもう雨が降り出していて、境川ドライブンではじゃーじゃー降り。
もう若くはないさと〜♪、どしゃぶりの3000m級に挑むのは諦め、霧ケ峰方面へ変更。
車山高原で地元減農野菜のうんちくを聞き、生とうもろこしや食用ほおずき等を仕入れて
corn.JPG ほおずき.JPG
秋雨のなか車山を散策しました。頂上は8年に一度のヤツデ大量発生、とても不気味。

金曜は、甲斐の三分の一湧水に、白州の天然水と、美味しい水とお蕎麦めぐり。

土曜日は、甲斐小泉駅前にある平山郁夫シルウロード美術館とワインフェスタでのんびり。
地元ソムリエのワイン講義を受け、甲州ワインを試飲。まるきの白ワイン、大変美味でした。
     wine festa.JPG
posted by yoko at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

お久しぶりです

念願の雲ノ平へ

我が家のパソコンで写真取り込みができなくなってしまい(USB感知せず)
ブログ更新が延び延びになっておりましたが、再開します。m(_ _)m
まだ修理に出せておりませんが、とりあえず有線で取り込みをした次第。
夏休みは、初のはくたかで富山へ行き、何十年ぶりの北アルプス縦走。
4日とも ドッピーカン で、テント泊を満喫しました。

鷲羽岳より槍ヶ岳20160813.JPG 鷲羽山山頂からの槍ヶ岳
posted by yoko at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

夏みたいな春

ひと月早い春景色

花粉症から解放され、五月晴れの日は気分がウキウキ
でも、いきなり夏日がやってきては身体がついてゆきません。
季節の変わり目は変調をきたしやすいので要注意ですね。
我がベランダも、例年より1か月前倒しで花が咲き始めたよう。
201605time.JPG タイム 201605rosemary.JPG ローズマリー 201605rose.JPG 黄バラ
201605bverry.JPG ブルーベリーは花が散り、実が!

先週、八ヶ岳へ新しいアイゼンを試しに行きましたが、硫黄岳(左)には
雪がなく、赤岳も行者小屋から途中まで行ってみたところ(文三郎尾根)、
この階段の下までは軽アイゼンでも大丈夫そうな感じでした。
Mt.硫黄岳.JPG Mt.赤岳へ.JPG
これも地球の温暖化現象なのでしょうか。
posted by yoko at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

桜パワー全開

三寒四温、春は一歩ずつやってくる

久しぶりのブログ更新。
今年も2〜3月はスギ花粉症にやられてました。しかも、卒業式シーズンならではの
仕事が立て込んだ折りに、よりによってインフルエンザBに罹り、大変参りました。
でも、桜が咲き始めた頃から復調してきました。
昨日は青春時代を過ごした国立大通りへ行き、圧巻の桜並木に元気をもらいました。
kunitati_0404_1.JPG kunitati_0404_2.JPG あっ葉桜 見っけ!
いつまでも見ていたい桜ですが、今日の冷たい雨で散ってしまうのかしらん・・・。
かつての通学路で菜の花畑にも出会いました。kunitati_0404.JPG
posted by yoko at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

甲武信にて

のどかなお正月

小春日和の甲武信岳へ行ってきました。今年は暖冬で、雪山への気負いや不安は
肩すかしをくらいましたが、アイゼン歩行練習にはちょうど良い感じ。
このところの運動不足とお菓子食いで身体は重かったのですが、足を止めさえ
しなければ山頂が迎えてくれますね。
奥秩父の山々に囲まれ、富士山も八ヶ岳も南アルプスも、最高の展望です。
甲武信小屋.JPG http://www.kobusi.com/ 甲武信岳日の出.JPG
甲武信小屋の晩ごはんは、思いもよらないお正月の振る舞いを受け、感激。
常連さん差し入れのご馳走に美味しいお酒、小屋番の歌声が響き、楽しくて
なかなか消灯になりませんでした。昔ながらの山小屋に思わずタイムスリップ。
星空もとても綺麗でした。
流れ星を見つけるのがヘタは私ですが、今年1年の願いをこめてお祈りを。
一歩ずつ、止まることなく前に進んでゆきましょう。
posted by yoko at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

ひいずるくに

白馬山頂でご来光

高山の楽しみは、そこでしか見ることのできない景色に会えることである。
シルバーウィーク終盤は、北アルプス・白馬岳頂上から360度の展望を楽しんだ。
大雪渓を登り、日本1大きな山小屋である「白馬山荘」に1泊。
大きさや設備もさることながら、終夜廊下の電気がひらめき点灯していたのには驚いた。
2日めは5時起きで、ヘッドランプを点けて頂上を目指す。
山荘から15分登れば白馬岳山頂なので、大勢の人が空身で頂上を往復する。
スイスでガイドさん(日本人女性)から、ご来光 を見たがるのは日本人だけ
(海外の人は休暇中は早起きしないから静かにでてゆくこと)と言われたが、
山頂直下の山小屋は、ご来光目当ての人であふれてるハートたち(複数ハート)
hakuba_1.JPG hakuba_2.JPG 朝陽が昇ると歓声が沸いた!
この上ない美しい光景に心が洗われる。
hakuba_3.JPG 日出国(ひいずるくに)生まれで良かったexclamation
posted by yoko at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

夏の誘惑

夏休みの延長願い

夏休みの計画は、往々にして遊びが優先され、時間がある時にやっておこうと
思ってた仕事はほとんど手付かずのまま残される。
ここ何年も同じようなことが繰り返されているのに、懲りないなぁ、私。
8月、予定が決められた外部対応はこなしたので、報告書待ちの書類の山が
部屋中あちこちに・・・。今年の残り具合はかなりヤバイのである。(>_<)
カレンダーを見ては「やらねば」モードになるものの、先週今週はついつい
女子バレーの誘惑に勝てずにいる(一応、録画を早回しで見てるけど)。
机に向かっても集中力が続かず、お菓子やコーヒーに手が伸び、全く不健康だ。
そんな生活のせいか、それとも気候のせいか、昨年怪我した左膝(完治したはず)
に違和感が起こり、足首や腰まで不調に。
ラストスパートせにゃあかんというのにこれまた困ったことである。
8月が33日まであればいいのにな。

youteizan_1.JPG ← 8月中旬に登った、念願の羊蹄山るんるん
youteizan_2.JPG youteizan_オトギリソウ.JPG
posted by yoko at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

憧れのマッターホルンへ

アルペンハイキング

20歳の頃からあたためてきた長年の夢を叶え、スイスの山歩きをしてきました。

古都ルツェルンを散策した後、登山電車やバスを乗り継いで、ベルナーオーバーラントの
山々「アイガー、メンヒ、ユングフラウ」を眺めての2泊3日の山小屋ハイキングをして
グリンデルワルトへ降り、ゲンミ峠超え。
ツェルマットでは3泊し、マッターホルンの岩壁が頭上に迫りくるヘルンリ小屋往復と、
マッターホルンを含む360度の大展望が楽しめるオーバーロート登頂の2本のハイク。
3000mを超えるアルプスの山歩きを楽しみました。
      Matterhorn(4478m).JPG
山道にはお花がいっぱい咲いていて、野生のエーデルワイスも見れました。
牛や羊の放牧に、マーモットやキツネと、思わずハイジになってしまいそうるんるん

毎日好天に恵まれた、この上ないスイスの旅でした。
写真は、登頂150年を記念して点灯されたマッターホルンの雄姿です。
posted by yoko at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

森林セラピー

森の木霊に癒されて

この季節の山に入れば、目にも眩しいグリーンと愛らしい花が出迎えてくれる。
マイナスイオンたっぷりの、ナチュラル ヒーリング。
201505森林.JPG 201505山ツツジ.JPG
余計な言葉は要らないね、
posted by yoko at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

お花見

お散歩

今週はどこをみても桜桜で大賑わいですね。
週末、残雪の残る春山へ行きそこね、昭和記念公園でお花見散歩となりました。
ご近所なのでぶらっと訪れちゃいますが、四季折々の花が咲く広大な国立公園ゆえ
皆さんは色々なところからやってきているんだろうな。
土曜の昼下がり、曇り空だったのせいか 駐車場はすんなり入れましたが、
桜の木の下はさすがに一杯でした。
150404_syouwakinen.JPG 150404hazakura.JPG
一面の桜は満開をちょっとすぎたくらい、葉桜がまた良いのぅ。
椿は、先週のお茶大の方が色鮮やかだったのでこちらを。20150328.JPG
日本庭園の盆栽、なぜか今年はぐるぐる巻きの姿が不憫に思えました。
我が家のベランダハーブを、ミニ盆栽風にしてみよっと。
posted by yoko at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

眩しい日曜日

鎌倉散策

2月に入り、寒気のなかにも早春の息吹きが感じられるころにとなりました。
膝の怪我から2か月半、そろそろアウトドアを再開しようと湘南へ赴きました。

明月院の入口 meigetuin.JPG turuokahatimanguu.JPG 鶴岡八幡宮の境内にて
北鎌倉で降りて歩いてみませんかるんるんのフレーズが頭の中をぐるぐるして
いるうちに、鶴岡八幡宮に到着。
1か月遅れとなりましたが、年初めのおみくじを引くと「大吉」手(チョキ)
「○病気:軽いけれども十分注意して下さい」とあったので、階段の下りで
まだ少々痛む膝に気を配りながら、道中歩きました。
江ノ電に乗って高徳院へ向かい、鎌倉大仏の中へ入った(¥20)後、
身体安全・健康の御守りを買いました。
仏様、今年1年守ってください。
enoden.JPG ryouen jizou.JPG 長谷寺の良縁地蔵
fukujusou 150201.JPG 福寿草 hake 150201.JPG はけ(黒光) mansaku 150201.JPG 万作
長谷寺では、花を愛で、湘南の海の碧さと竹藪の音色に心を洗われ、
すっかりハートたち(複数ハート)リフレッシュ!
ただ陽射しがやたら眩しく感じました。雪が降った後だからでしょうか。
最後に「江の島」を渡ったところで時間切れでした。

杉花粉が飛び始めているのでマスクをつけながらの散策となりましたが、
久々の外歩きで身体はいっぱい酸素を取り込んだみたい わーい(嬉しい顔) です。
帰りの電車では爆睡でした。
posted by yoko at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

秋晴れ

月1の山登り

夏山シーズンは、台風などの天候不順と体調不良(肩の激痛)に見舞われたが、
9月・10月は、仕事のない週末と秋晴れがばっちり合った楽しい山行に恵まれた。

kaikoma1.JPG kaikoma2.JPG
甲斐駒ケ岳

akadake.JPG akadake goraikou.JPG
akadake&amida.JPG 南八ヶ岳縦走 (右上)ご来光を浴びる赤岳と富士山

3000m級の山から眺める青空は何とも言えないねっ。
ひらめき 来月もアルプスが望める山に登りたいなぁ黒ハート
posted by yoko at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

さすが天然水

丹沢の名水

塔ノ岳から大倉へ戻る途中の「竜神の泉」で、名水を1ℓ汲んで持ち帰りました。
その場で飲んだ時は東京水道水との味の違いがよく分かりませんでしたが、
家で沸かして白湯を一口含んでみたら、あらっexclamationなんとも甘くてまろやかでした。
早速、地元の方のお薦めに従って「名水でコーヒー」を入れて飲んでみたら
インスタントコーヒーとは思えないほど優しくて深みのある味になりました。
今度はちゃんとコーヒー豆でドリップしてみよっと。
先着3名様、美味しいコーヒーを飲みにいらっしゃいませんか?

ひらめき 天の恵みに乾杯
posted by yoko at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

朝焼けと共に

モルゲンロート

先週から朝陽と共に起床する日々が続いています。
肩の痛みや暑さで未明に目覚めてしまうせいかもしれませんが、穂高の山肌を赤く
染めるモルゲンロートを見てから、朝陽に呼ばれるようになったみたいです。
0813karasawa.JPG 0813 to hodaka.JPG
月と穂高(涸沢より4:39)    奥穂高を目指す途中のモルゲンロート!

我が家からの朝焼けは電線がいっぱいですがふらふら、朝の空気は気持ちいいですね。
0816.JPG 0819.JPG
    8月16日(土)           8月19日(火)

ひらめき早起きは三文の徳るんるん
posted by yoko at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

憧れの西穂独標

神様がくれたご褒美!?

5/2、憧れの西穂高へ向かった。それも、残雪の残るこの時期に。
新穂高ロープウェイから槍ヶ岳の先が見え隠れしている。山頂駅までは人が一杯。

アイゼン・スパッツを装着して西穂山荘を目指す。ほどよくアイゼンがきく雪道、
空気がさわやかですごく気持ちいい。
小屋に着き、荷物を置いたら丸山へ。ゆったりと景色を味わう。 も格別の味わい。
nisiho1.JPG
雪道の下りはとても楽しかった! 安全なところまで下りてから最後は尻セード。

翌朝も晴天に恵まれ、丸山を超えて独標に到着。やった〜
穂高をはじめ、360度の山々にめっちゃ感動! 壮大な景色を目に焼き付ける。
nisiho2.JPG nisiho4.JPG
西穂への道を覗き見たら、すごい急降下。nisiho3.JPG
アイゼン初心者の私に西穂登頂は無理だけど、迫りくる西穂を前にできただけで感激。

独標は意外に狭く風が強いので、名残惜しみながら下山。
振り返ると足跡がついた雪道は夏道よりだいぶ斜面側で、へたすると雪庇。要注意。
nisiho5.JPG  nisiho6.JPG
シメは西穂山荘の味噌ラーメン。
震度3の地震直後でちょっと心配しながらも堪能、ご馳走様でした。
posted by yoko at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

陽はまた昇る

朝焼け

2013年は最後までバタバタした。
父が30日夜中に経鼻カテーテルを抜去してしまったので、一日がかりで再挿入。
本当は、大晦日の朝に高尾山から(混雑を避けて)初日の出ならぬ最終日の出を
見るはずだったが、断念して我が家のベランダから朝焼けに挨拶をした。
今年も沢山の光をありがとう。 20131231.JPG

大晦日の晩、紅白終盤の頃に父の様子を見に行くと、折角入れたカテーテルを
また抜いていた。そんなに嫌ならもう止めよう。
「もう管を入れないから、水も薬も口から頑張ってとらないとね」と言うと、
父は小さく頷き、すやすやと寝入った。

2014年元旦。
お正月を静かに迎えることができたので、夜明け前に高尾山へ向かった。車(RV)
案の定、駐車場は満車、すごい人だかりで薬王院で足止めをくらった(山頂は入場制限)。

富士20140101.JPG 高尾20140101.JPG
初日の出は境内の樹木の合間からしか拝めなかったけれど、頂上からの富士山と
青空が清々しくてとても美しかった。
今年1年、安らかな時が刻まれるよう祈願し、お守りは「難転の実」にした。

喪中につき新年のご挨拶を欠礼しましたが、今年もよろしくお願い申し上げます。
posted by yoko at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

水曜の朝

雪の当たり日

なぜ今年は水曜の朝に限って雪 雪が降るのだろう?
明朝起きたら雨に変わっていて欲しいなぁ。
posted by yoko at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする