2011年03月13日

民族大移動

地震大国

地震発生時、私は神田駅(JR中央線内)にいた。目的地
(卒業パーティ会場)にいる同僚へメールし、電車再開まで
駅構内で待つことにしたが、2時間半経っても目処たたず。
駅構内 TV大画面では津波に飲み込まれる被災地の模様
が放映され、余震報道も相次ぎ、とても回復できそうにない。
駅付近は携帯がつながらないし、空腹と寒さで体力が尽き
果てる前にと、飲食店を目指して改札を出た。しかしお店
は軒並み「準備中」。やっとセブンイレブンを見つけて、
肉まんとホットレモンで腹ごしらえをし、その後に備えて
トイレを拝借、地図で位置確認してから駅へ戻ってみると、
電車は動く気配が全くなく、携帯は全く通じず、公衆電話
に大勢の列ができていた。
街の中は家路を急ぐサラリーマン男女がぞろぞろと隊を
なして歩いている。皆一体どこまで歩いて行くのだろう?

いよいよ電車も動かないと判明し、パーティの終了時間
も迫った頃に(実際はパーティは中止になっていたが)、
丸の内勤務の義姉を尋ね、会社に泊めてもらった。
ヒールでも歩ける距離にいてくれて、本当に助かった。
jisin20110311.JPG ←夜中、皇居前のお迎え渋滞
 一夜明け、タクシーを捕まえて帰宅した。
 その後 妹と協力して父母のケアを終えて
 から一眠り。夕食時に起きて、台所仕事と
 メール対応をしてお風呂に入り、再び爆睡。

余震が続くので夜通しテレビをつけていたが、それにしても
野次馬的報道が多く、状況理解や今後の導きに資する内容が
ない。枝野官房長官の話にケチを付ける暇があったらもっと
国民に役立つ正しい情報の展開に力を注いで欲しい。大地震
時にとるべき具体的行動を示す、例えば、携帯がつながら
ない時の対処法、避難場所への道案内、二次災害の防ぎ方・・・。
もう騒ぎ立てるだけの報道にはうんざりむかっ(怒り)だ。
posted by yoko at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 そうですか。Yokoさんも外泊でしたか。しかも私のすぐ近くで。私は東京駅の反対側、八重洲のオフィスでお泊り。次回このような機会があったら、ぜひお寄り下さい。冷暖房付き、ベッド代わりのデスクと、毛布支給で夜食付き、枕代わりの書類の束もありますよ。
 さて今回の地震、初めて身の危険を感じました。また、家族は当然離れ離れ。電話も繋がらず、メールもダメ。家族と自宅の無事を確認できたのは7時間後でした。
 このような状況下、一番感じたのは自分の無力さ。親であっても息子・娘を守ってあげることができないということです。今回は高2生の息子も身の危険を感じたと言っています。彼は地震の後、塾から電車で帰宅できないと判断し、近くに住む友人宅に連絡して泊めてもらったそうですが。
 私は常々、子供に与えるべきは教育だと思っていますが、今回のことで改めて状況把握力や判断力・決断力・行動力なども身に付くよう、様々な経験を積ませるべきと再認識しました。
 しかしこれから日本はどうなるのやら。あっ、また地震だ〜!!
Posted by おさぴ〜 at 2011年03月15日 23:38
おさぴ〜さん
何かの折に、東京駅近辺で帰宅難民になりそうな時はよろしくお願いします。
Posted by yoko at 2011年03月26日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190406679
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック